エコピープル

心豊かなエコ生活 ~植物とともに~

和田 寿美江

和田 寿美江

Profile

活動エリア 家庭
eco検定合格年 2010年
所属団体 AEAJ認定 環境カオリスタ
http://www.kaorista.jp
アロマテラピーインストラクター(http://www.aromakankyo.or.jp

HOME > エコピープル > 和田寿美江

自己紹介

和田 寿美江 私のエコ活動のモットーは「ふだんの生活で、できること」続けるために「無理せず、楽しく」を大事にしています。
 また、AEAJ認定環境カオリスタでもあるのでアロマ・グリーン・エコも意識し、植物の香りを楽しむアロマテラピー、植物を育てるガーデニングをエコ生活に取り入れています。四季折々に身近な自然に親しみ地球の豊かさを感じています。

 心豊かにエコ生活をおくるために、調べ考え行動している日々です。

eco検定アワード2013優秀賞受賞。

eco検定へのきっかけ

 アロマテラピーをはじめたことから徐々に自然環境に関心を持つようになりました。アロマテラピーで使用する精油は、植物から抽出した天然の芳香物質です。この植物の香りを楽しむためには自然が豊かであることが前提となります。

 アロマテラピーと環境のつながりを理解するようになり、AEAJ主催の環境カオリスタ検定(植物やその香りに親しみ地球環境の保全に寄与することを目的とした検定)を受験して2010年1月に合格。

 そして、環境や持続可能な社会についてより広く深く学ぶためにeco検定を受験し2010年12月の試験に合格しました。

エコピープル活動内容

特徴

生活からはじめるエコ。
 環境に考慮しながら、植物を活用して楽しく心地よい暮らしを工夫しています。身近な自然に親しむときは「香り」がキーワードです。
・植物のエコライフ
・買い物を通して環境保護に貢献
・自然に親しみ「アロマ環境」探し

詳細

■植物のエコライフ
 ガーデニングを楽しんでいます。特に、夏は冷房による電気利用を控えて植物由来のものを活用し、涼しく過ごす工夫を家族で行っています。
・夏の風物詩 すだれ・打ち水
・緑のカーテン
・アロマテラピーを活用して、涼しさを感じるアロマスプレーを作り利用
緑のカーテンは毎年、土のリサイクル(コンテナの中身をふるいで土・根・石にわけて、土を日光消毒)を行っています。

緑のカーテン育成中「緑のカーテン」と「ハンギングバスケット」

写真左: 2012年緑のカーテン(アサガオ)
写真右: 2014年育成中「緑のカーテン」と「ハンギングバスケット」

■買い物を通して環境保護に貢献
・マイバッグを持参(レジ袋削減)
・「県産農産物サポート店」で地元農家さんの新鮮野菜を購入(地産地消、旬産旬消)
・環境に配慮した「環境ラベル」商品の購入(グリーンコンシューマー、フェアトレード)

■自然に親しみ「アロマ環境」探し
 四季折々に自然散策へ。風景を楽しみ植物観察をします。そのとき植物の香りを意識してみます。すると、音や感触など色々なことに気づき、毎回新鮮な体験です。
※AEAJでは、植物の香りによってもたらされる心豊かで心地よい環境を「アロマ環境」としています。
心がけていること
・移動は、なるべく公共交通機関を利用
・訪れた地域の料理、食材を味わう

2013年度に訪れたアロマ環境の一部をご紹介します。

観梅紅葉狩り

・写真左 観梅(東京都 高尾梅郷 2014年3月中旬)
風は冷たいけれど眩しい光、梅の香が漂い春を感じました。
・写真右 紅葉狩り(東京都立殿ヶ谷戸庭園 2013年11月中旬)
落葉の上を歩くと乾いた音とふかふかした感触、こうばしい香り。

エコピープルとしての今後の夢

 振り返ってみるとエコピープルになったきっかけは、十数年前にアロマテラピーをはじめたことに遡ります。当時は今のようにエコ活動しているとは想像すらしていませんでした。関心をもった分野のつながりをたどり広げてきて、気がつけばエコピープルになっていました。そう考えると五年後、十年後にはもっと広い視野で活動をしていたいと思います。

 そのためにも日々できることをコツコツと続けていきたいです。現在、私のエコ活動のキーワードは、「生活」「消費者」「植物」「身近な自然」なので、関連する情報を収集して、工夫して行っていきたいと思っています。緑のカーテンのように植物を活用したエコを試行錯誤しているところです。

メッセージ

 私の活動は身近なエコ。植物とともに心豊かな生活をおくるためのエコです。

 これまでの活動は、eco検定や環境カオリスタ検定で得た知識。活躍されているエコピープルさんのエコ活動を参考にするなど、様々なところからアイデア・ヒントを頂いてきました。その感謝の気持ちと今度は自分が誰かのお役に立てればと思い活動内容をまとめました。

 これからエコを意識した生活をはじめようという方のきっかけや活動のヒントになれば嬉しく思います。

eco検定を受験する方、受験を検討されている方へ

eco検定を受験する方へ

 私はeco検定を受験するにあたって、出題範囲の広さ、公式テキストの厚さに正直ひるみました。でも、学ぶにつれてテキストの内容は整理されて分かりやすく書かれていると感じました。

 私の勉強方法は、テキストを読み、過去問題を解いて、テキストで確認することを繰り返し行いました。それから、様々なシーンでeco情報に触れるようにしました(今も続けています)。具体的にはメディアで環境記事を読む、環境テーマの公開講座に参加するなど。

 検定合格をゴールではなく、スタートとして考えるとエコ活動をはじめやすいのではないかと思います。

eco検定の受験を検討されている方へ

 eco検定は、基本的な知識を一通り学ぶのに適した検定だと思います。私はeco検定に合格して、自分の頭の中にecoものさしができたと思います。既にエコ活動をなさっている方も確認として受験してはいかがでしょうか。

※この情報は2014年4月30日時点での内容です。
前のページへ戻る