エコピープル

パートナーシップで、課題を解決しましょう!

宮田 勉

Profile

活動エリア 千葉県
eco検定合格年 2014年(第16回)
現在の職業 会社員
年齢 64歳

HOME > エコピープル > 宮田 勉

自己紹介

 1998年に自社のISO 14001認証取得活動を担当しました。リサイクル元年となった2000年の少し前から、資源有効利用促進法に対応した業界としてのリサイクル配慮設計のガイドライン作成を担当したのを機に、2001年度に環境カウンセラーとして環境省に登録して、社外での活動も行なっています。また、2005年から日本商工会議所環境小委員会(現エネルギー・環境専門委員会)の活動に参加させていただいています。自社では、商品納入先からの梱包材等の回収リサイクルや限定的ではありますが、使用済み商品のリサイクルに取組んでいます。

eco検定へのきっかけ

 昨年NPO法人環境カウンセラー千葉県協議会の活動として、エコ検定受験対策講座を開催することになり、そのグループに加わるための最低条件として受験しました。

エコピープル活動の内容

一市民として

・省エネに取組み、グリーンカーテンとその周りの植栽で楽しんでいます。
・居住している佐倉市のエコライフ推進員活動に参加しています。

事業者(メーカー)社員として

・自社のグリーンボランティア活動の社内啓発に取組んでいます。
・製品納入先から梱包材等の回収リサイクルの判りやすい制度化に取組んでいます。
・使用済み商品のリサイクル拡大に取組んでいます。

環境カウンセラーとして

・循環型社会形成推進の活動で県に協力しています。
・エコアクション21関連活動に取組んでいます。
・エコ検定受験対策講座を含めエコピープル推進活動に取組みます。
・6月28日自治体(香取市)環境フォーラムで始めて講演を担当しました。

エコピープルとしての今後の活動計画

 所属企業での活動は、先が余りありませんが、取組み方を柔軟に考え、可能な限り、現在の活動を継続したいと思います。

社会へのメッセージ

 環境活動の最優先事項は、共存だと思います。指摘の前に改善案を考えましょう。

eco検定受験者、学生へのメッセージ

 知識は、創造(創作)・改善・保護の活動に活用して初めて価値が生まれます。
 知識と体を使うのはボケ対策ではなく、有用な活動のために使いましょう。
 成果が出れば、更に次がやりたくなります。
そのうち、満足感と健康な体が得られるでしょう。

※この情報は2015年8月5日時点での内容です。
前のページへ戻る