エコユニット

地域とともに エココミュニティ

京都信用金庫

Profile

活動エリア 京都・滋賀・大阪
eco検定合格年 平成21年度以降、随時(現在約850人合格)

HOME > エコユニット > 京都信用金庫

自己紹介

 京都信用金庫は、京都市そして京都府、滋賀県、大阪府の一部を営業地域として会員、地域の皆様そして地域社会の発展に寄与することを基本理念としている協同組織金融機関です。地域の皆様からお預かりした預金積金を、資金を必要とする地域のお客様にご融資することで、事業の繁栄やゆたかな生活のお手伝いをさせていただいています。
 また、当金庫は「地域の絆づくり」を通じて、地域の皆様と親密で中長期的な信頼関係を構築し、強い絆とネットワークを活かした付加価値の高い金融サービスをご提供するとともに、文化、環境、教育といった分野でも地域に貢献すべく積極的に活動しています。

eco検定へのきっかけ

 当金庫では、職員の環境に対する意識の向上と環境問題への対応に強い人材を育成するため、平成21年12月よりeco検定の受験を促進しています。「環境に関心のあるお客様や、清掃活動等で交流する地域の方々と質の高い会話ができる」ということから職員が率先して受験し、現在ではeco検定合格者は役職員全体の約50%にあたる約850人となりました。

活動内容

 琵琶湖の水源である森林を次世代に健全な姿で引き継ぐことを目指し、平成25年4月、滋賀県の仲介により上仰木辻ヶ下生産森林組合様と「琵琶湖森林づくりパートナー協定」を締結し、協働で森林保全活動を行っています。定期的に職員とその家族による間伐や植栽、間伐材を使用した木工品の制作などを実施しています。
 また、期間限定で環境定期預金「みどりの絆」を取扱い、お預け入れいただいた預金残高の0.002%相当額と別途拠出金を、当金庫から京都市の「京都みどりプロジェクト」と滋賀県の「琵琶湖森林づくり基金」に寄付しました。

そのほか、京都府や大阪府においても、地域の清掃活動や環境イベントに積極的に参加しています。
「環境活動を通じて地域の皆様との絆を育む」ことを理念とし、地域との協働による活動に重点を置いています。

参加している主な活動

・枚方市天野川清掃活動
・京都桂川清掃活動
・琵琶湖外来魚駆除活動
・ナラ枯被害木薪割ボランティア
・四季・彩りの森づくり植栽イベント

※この情報は2015年10月14日時点での内容です。
前のページへ戻る