eco検定アワード2016

2016年11月9日 東京商工会議所

2016年11月9日、東京商工会議所において、「eco検定アワード2016」が開催されました。eco検定アワードは、模範となるような環境活動を実践しているエコピープル(=eco検定合格者)及びエコユニットの実績を称える事業です。そうした活動の顕彰・周知を通じ、より多くの企業や団体、個人の方々に対し、具体的なアクションを起こす為の参考にして頂くことを目的としています。
今回、環境に関する年間活動報告書を提出頂いた63のエコユニットと53名のエコピープルが選考の対象となり、大東文化大学の鶴田佳史氏を座長とするアワード審査会の慎重な審議の結果、8つのエコユニット、6名のエコピープルがアワードの栄誉に輝きました。

エコユニット大賞は高崎経済大学地域政策学部(群馬県)、エコピープル大賞は瀧本 悠貴さん(東京都)に

東京商工会議所(三村明夫 会頭)は、「eco検定アワード2016」(田畑日出男 環境社会検定委員会委員長:いであ㈱会長)の受賞者を以下のとおり決定しましたのでお知らせいたします。

「eco検定アワード2016」受賞者

  • エコユニット部門

    • 大賞高崎経済大学地域政策学部
    • 優秀賞大橋運輸株式会社
      公栄運輸株式会社
      株式会社スーパーホテル
      株式会社平野
      ブランシェス株式会社
      株式会社北越銀行
      三重中央開発株式会社
  • エコピープル部門

    • 大賞瀧本 悠貴 氏
      (慶應義塾大学ロースクール 大学院生)
    • 優秀賞石原 可奈子 氏(ミュージシャン)
      荻 哲也 氏 ( 学校法人中野学園オイスカ高等学校 教員)
      加藤 祐一 氏(セコム株式会社)
      小林 由紀子 氏(特定非営利活動法人e-plus 生涯学習研究所)
      林 昌明 氏(前田建設工業株式会社)

eco検定アワード2016 実施報告書

「eco検定アワード2016」委員長・委員

委員長

鶴田 佳史(大東文化大学 環境創造学部 准教授)

委員

  • 辻 恵一(環境省 総合環境政策局環境経済課 環境教育推進室 室長補佐)
    岡本 光正(エコリテラシー協会 副理事長)
    猪又 陽一(アミタ株式会社 環境戦略デザイングループ 環境戦略支援チーム シニアコンサルタント)
    神田 修二(いであ株式会社 執行役員・国土環境研究所 生物多様性研究センター長)
    黒柳 要次(株式会社パデセア 代表取締役社長)
  • 澤登 信子(株式会社ライフカルチャーセンター 代表取締役)
    吉田 広子(株式会社オルタナ『alterna(オルタナ)』編集部 副編集長)
    間部 彰成(東京商工会議所 理事・事務局長)
    川瀬 健介(特定非営利活動法人 生活・福祉環境づくり21 参与)

受賞者全員にハンドメイドの表彰盾を授与

今回、eco検定アワードの受賞者には記念として、テレビのブラウン管のガラス部分をリサイクルして作られた盾が贈られました。

交流懇親会

表彰式と受賞者の皆さんの熱のこもったプレゼンテーションの後、会場を移して交流懇親会が行われました。業種や規模の異なる企業・団体との交流により課題解決の糸口を共に考える機会として設けられ、エコピープル部門で優秀賞を受賞した加藤 祐一氏が糊を使わずに強度を増す折り方(通称:カトー折り)を実演してくださり、楽しいひと時に花を添えてくださいました。

前のページへ