eco検定アワード2017

2017年11月7日 東京商工会議所

2017年11月7日、東京商工会議所において、「eco検定アワード2017」「eco-MASTER GRAND PRIX 2017」の表彰式が開催されました。eco検定アワードは、模範となるような環境活動を実践しているエコピープル(=eco検定合格者)及びエコユニットの実績を称える事業です。そうした活動の顕彰・周知を通じ、より多くの企業や団体、個人の方々に対し、具体的なアクションを起こす為の参考にして頂くことを目的としています。
今回、環境に関する年間活動報告書を提出頂いた64のエコユニットと72名のエコピープルが選考の対象となり、大東文化大学の鶴田佳史氏を座長とするアワード審査会の慎重な審議の結果、8つのエコユニット、7名のエコピープルがアワードの栄誉に輝きました。
また、今年度、初めて実施された「eco-MASTER GRAND PRIX 2017」につきましても、同日、学生部門、企業部門それぞれ3位までの表彰が行われました。

エコユニット大賞はブランシェス株式会社(大阪府)、エコピープル大賞は谷 恵美さん(兵庫県)に

東京商工会議所(三村明夫 会頭)は、「eco検定アワード2017」(田畑日出男 環境社会検定委員会委員長:いであ㈱会長)の受賞者を以下のとおり決定しましたのでお知らせいたします。

「eco検定アワード2017」受賞者

  • エコユニット部門

    • 大賞ブランシェス株式会社
    • 優秀賞城西国際大学 環境社会学部
      株式会社スーパーホテル
      高崎経済大学 地域政策学部
      大和リース株式会社
      東洋ガラス株式会社
      日本メックス株式会社
      三重中央開発株式会社
  • エコピープル部門

    • 大賞谷 恵美氏(飲食店勤務)
    • 優秀賞枝中 栄治氏(有限会社零夢)
      小林 由紀子氏(特定非営利活動法人e-plus 生涯学習研究所)
      田原 正康氏 (ワイエイシイエレックス株式会社)
      西村 守正氏 (NPO 法人こだいらソーラー)
      沼田 美穂氏 (株式会社リフォーム産業新聞社)
      林 昌明氏 (前田建設工業株式会社)

「eco-MASTER GRAND PRIX 2017」授賞者

  • 学生部門

    • 第1位高崎経済大学飯島ゼミナール
      (チームゼミ長・副ゼミ長)
    • 第2位独立行政法人国立高等専門学校機構阿南高等専門学校
      (テラロッサ)
    • 第3位高崎経済大学飯島ゼミナール
      (チームグンマー)
  • 企業部門

    • 第1位株式会社デンソー(チーム生産企画)
    • 第2位東洋ガラス株式会社(未来を創るなかまたちAチーム)
    • 第3位青森昭和電線株式会社(青森HCG)

eco検定アワード2017 実施報告書

「eco検定アワード2017」委員長・委員

委員長

鶴田 佳史(大東文化大学 環境創造学部 准教授)

委員

  • 田代 浩一(環境省 大臣官房環境経済課 環境教育推進室 室長補佐)
    岡本 光正(NPO法人エコリテラシー協会 副理事長)
    猪又 陽一(アミタ株式会社 環境戦略デザイングループ 環境戦略支援チーム シニアコンサルタント)
    神田 修二(いであ株式会社 常務執行役員・国土環境研究所 生物多様性センター長)
  • 黒柳 要次(株式会社パデセア 代表取締役社長)
    吉田 広子(株式会社オルタナ『alterna(オルタナ)』編集部 副編集長)
    川瀬 健介(株式会社ライフカルチャーセンター エグゼクティブプロデューサー)
    間部 彰成(東京商工会議所 理事・事務局長)

受賞者全員にハンドメイドの表彰盾を授与

今回の「eco検定アワード2017」「eco-MASTER GRAND PRIX 2017」の表彰では、環境にやさしいアクリルを使用して製作されたアクリル盾が贈られました。

交流懇親会

表彰式および授賞者の皆さんの白熱したプレゼンテーションの後、会場を移して交流懇親会が行われました。今回は、エコユニット部門で2つの大学のエコユニットが優秀賞を授賞したこともあり、学生さんの姿が多く見られたのが印象的でした。業種や規模の異なる企業・団体、そして個人が交流する場を持つことにより、課題解決の糸口を共に考える有意義な時間となりました。

前のページへ